酵素ドリンクと置き換え食を比べてみた

痩せようと思う場合は、置き換えるという選択肢があります。普段の食事の一部を、特別なタイプに置き換えてみるやり方もあるのです。それは一定の効果は見込めるのですが、残念ながらデメリットがあるのも事実です。それよりは、酵素ドリンクが推奨される場合があります。

専門の食事に置き換える

置き換え食の場合は、専門的な食事が使われます。そのバリエーションも意外と多く、満腹感がある食事も多く見られるのです。そもそも通常食のデメリットは、少々ボリュームが多すぎる点です。それで体脂肪率が多くなってしまうケースも目立つので、置き換えをする事で食事のボリュームを減らせば、それだけ体脂肪率が減る可能性があります。実際、それは一定の効果は出ています。

ドリンクに置き換える方法も

そして上記の専門食ではなく、ドリンクを用いる方法もあるのです。いわゆる酵素ドリンクなどを用いて、食事の代用をする事になります。実際ドリンクも一定の効果は見られるので、悪くない選択肢の1つです。

専門食の値段に関するデメリット

ところが専門的な食事には、致命的なデメリットが見られるタイプもあります。一部の食事は、ちょっと値段が高めなのですね。前述のドリンクの場合は、そこまで高めではありません。置き換え用の食事の場合は、1,000円を超えるタイプもあります。それは1食で1,000円なのではなく、1食で1,000円を超えてしまうのです。それだけ多くの費用がかかるとなると、難しい方々も見られるでしょう。さすがにドリンクの場合は、そこまで多くの費用がかかる事はありません。

期間に関するデメリットがある

それと専門食の場合は、多少の時間を充当する必要があります。というのもその食事を用いてダイエットを行うとなると、ある一定以上の機関が必要になるのです。少なくとも数日程度で体脂肪率が減る訳ではなく、数ヶ月前かかるケースがほとんどです。短期間での効果は、少々難しいと考えた方が良いでしょう。

短い期間で効果を発揮するドリンク

ところがドリンクの場合は、かなり短期間で効果を発揮する事も珍しくありません。あるドリンクの場合は、わずか数日で数キロほど痩せている実績もあります。ですので短期的な効果を望むならば、置き換え食よりはドリンクの方がベターと言えるでしょう。

コスパがとても良い

以上から、ドリンクには次のようなデメリットがあります。

  • ダイエット効果
  • 価格
  • 期間

これらの点を総合的に判断すれば、置き換え食などを用いるよりは、むしろ酵素ドリンクの方が効率が良いとも言える訳です。コストパフォーマンスの良さが、そのドリンクの魅力と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です