酵素ドリンクと置き換え食を比べてみた

痩せようと思う場合は、置き換えるという選択肢があります。普段の食事の一部を、特別なタイプに置き換えてみるやり方もあるのです。それは一定の効果は見込めるのですが、残念ながらデメリットがあるのも事実です。それよりは、酵素ドリンクが推奨される場合があります。

専門の食事に置き換える

置き換え食の場合は、専門的な食事が使われます。そのバリエーションも意外と多く、満腹感がある食事も多く見られるのです。そもそも通常食のデメリットは、少々ボリュームが多すぎる点です。それで体脂肪率が多くなってしまうケースも目立つので、置き換えをする事で食事のボリュームを減らせば、それだけ体脂肪率が減る可能性があります。実際、それは一定の効果は出ています。

ドリンクに置き換える方法も

そして上記の専門食ではなく、ドリンクを用いる方法もあるのです。いわゆる酵素ドリンクなどを用いて、食事の代用をする事になります。実際ドリンクも一定の効果は見られるので、悪くない選択肢の1つです。

専門食の値段に関するデメリット

ところが専門的な食事には、致命的なデメリットが見られるタイプもあります。一部の食事は、ちょっと値段が高めなのですね。前述のドリンクの場合は、そこまで高めではありません。置き換え用の食事の場合は、1,000円を超えるタイプもあります。それは1食で1,000円なのではなく、1食で1,000円を超えてしまうのです。それだけ多くの費用がかかるとなると、難しい方々も見られるでしょう。さすがにドリンクの場合は、そこまで多くの費用がかかる事はありません。

期間に関するデメリットがある

それと専門食の場合は、多少の時間を充当する必要があります。というのもその食事を用いてダイエットを行うとなると、ある一定以上の機関が必要になるのです。少なくとも数日程度で体脂肪率が減る訳ではなく、数ヶ月前かかるケースがほとんどです。短期間での効果は、少々難しいと考えた方が良いでしょう。

短い期間で効果を発揮するドリンク

ところがドリンクの場合は、かなり短期間で効果を発揮する事も珍しくありません。あるドリンクの場合は、わずか数日で数キロほど痩せている実績もあります。ですので短期的な効果を望むならば、置き換え食よりはドリンクの方がベターと言えるでしょう。

コスパがとても良い

以上から、ドリンクには次のようなデメリットがあります。

  • ダイエット効果
  • 価格
  • 期間

これらの点を総合的に判断すれば、置き換え食などを用いるよりは、むしろ酵素ドリンクの方が効率が良いとも言える訳です。コストパフォーマンスの良さが、そのドリンクの魅力と言えるでしょう。

酵素ドリンクを飲む時の主な4つの方法

酵素ドリンクは、減量に関して一定の効果が見込めます。現にそれを飲んだ方々は、痩せた事例も非常に多く見られるからです。人によっては、数ヶ月前で10キロ以上痩せている事もあるので、試してみるのも一法と言えます。ただ人によっては、それが少々飲みづらいと感じている事例があるのも事実です。その場合は、飲み方を少々工夫してみると良いでしょう。

甘すぎる時はミネラルウォーターで薄める

例えば、ドリンクが少々甘すぎる時です。人によって味覚の感じ方も様々ですが、自分にはちょっと甘すぎると感じている方も中には見られます。その場合は、ミネラルウォーターで薄めても特に問題ありません。薄めたからといって、摂取される酵素の絶対量が減る訳でもないのですから、随時薄めてみると良いでしょう。

炭酸を用いて割る

それとこれを実行する方々が大変多いのですが、炭酸水で薄める方法があるのです。なぜならその方法には、満腹感に関するメリットがあります。そもそも前述のドリンクは、置き換えなどで用いられる事が多いですね。1日3食の内の何回かを、そのドリンクに置き換えてみる訳です。ところがその際に、空腹感を覚えるケースも多々あるのですね。それで我慢できなくなってしまうケースも見られますが、実はそれは炭酸水で解決できる事も多いです。炭酸水でドリンクを割ると、かなりの満腹感があるのですね。ドリンクをストレートで飲むよりは、遥かに満腹感を覚えるので、それで割る方々も非常に多く見られます。ですので置き換えをしようと思うなら、炭酸が推奨されるでしょう。

豆乳で割ってみる

その他にも豆乳などで割ってみる方法もあります。豆乳の中でも、特に無調整のタイプが用いられる事が多いですね。豆乳を用いるのは、味わいに関する理由が多いです。ストレートではちょっと飲みづらいですが、その乳飲料で割ってみる事により、飲みやすくなるケースも多々あるのです。青汁を飲む時には、牛乳などで割るケースも大変多いでしょう。イメージとしては、それに近いものがあります。

ストレートで飲む方法

もちろんそのドリンクを、そのままストレートで飲むのを問題はありません。むしろその方法で飲む方々が多いです。甘い物がお好きな方々などは、ストレートで飲んでいる傾向があります。

4種類の飲み方

以上から、酵素ドリンクを飲む方法として次のような4種類が挙げられます。

  • ストレート
  • 炭酸割り
  • 豆乳割り
  • ミネラルウォーター

これらのどれを選ぶかは、正直好みの問題です。自分にとって一番続けやすいものを選ぶのが良いですね。